2017年08月19日

実は「そば米」もあります!

最近はワインの話題が多いですが、

実は、テレビで話題の
こんな商品も最近置き出しました。
IMG_0273.JPG
国内産雑穀米「そば米」
白米に少し混ぜて炊くと、痩せると話題!
先日、「アサイチ」でもやっていましたね!

ただ、これだけを白米に混ぜると、少し食べにくいらいいので、
もち麦や、押麦など、ほかの雑穀も一緒に入れて炊いて貰うと
いいみたいですね。
IMG_0274.JPG
こんな商品や

IMG_0276.JPG

こんな商品
おススメです。

是非お試し下さい!!
posted by ヴィーノ at 11:51| 日記

2017年08月15日

まだまだ暑い夏には!

8月も半ばに差し掛かっておりますが、まだまだ暑さ満開。

7月と比べても爽やかな白ワインやスパークリングワインのご注文が集中しております。




そんな時期だからこそ、オススメしたいこちらのワイン!



ヴィッラマッティエリ・ソアヴェ・クラシコです!


IMG_0950 (002).JPG

こちらはイタリアのヴェネト州ソアーヴェ村で地場品種「ガルガネガ」を使用して造られたワインです!



ガルガネガという聞きなれないブドウ品種ですが、その味わいはとってもフレッシュ&フルーティ!!!


grape_img.jpg

この品種は条件の良い地域において栽培され、ヘクタールあたりの収穫量を制限し、しっかりと成熟させると、洋梨やパイナップル、杏などのデリケートな香りを持つ卓越した白ワインになります。熟成するに従って、よりふくよかで香り高いワインとなります。



そんな特別な品種を使ったワインが、今だけ通常1380円のところ、、、、、



998円にてご提供させていただいております!



この機会にぜひ一度お試しくださいませ!!
posted by ヴィーノ at 12:00| 日記

2017年08月12日

BBQに合うワイン!!見つけました!!

皆さん、最近は台風が目白押しで、
大変でしたが、台風が去った後も、
まだまだ蒸し暑い日々が続いてますね。

こんな暑い夏の暑さをふっとばしたい!
そんなときは、BBQ!!

BBQといえばジンファンデル!!
ちょっと強引ですが、そんな想いで
今月のおすすめワインとして
「レンウッド BBQ ジンファンデル」
を入荷しました!!
IMG_0212.JPG
今カリフォルニアのBBQ市場で最も注目されている
ワインといえばジンファンデルです。

呑み疲れするようなワインも多い中、樹齢の古い葡萄の樹を使い、酸味も感じられる仕上がりに。
酸味・果実味・凝縮感・タンニンなどと上手くバランスのとれたテイストに仕上がっています。

IMG_0211.JPG
こんな暑い時期だからこそ、肉に合うワイン、
是非お楽しみください!!
posted by ヴィーノ at 07:56| 日記

2017年08月08日

フランス蔵元訪問!南フランスへ

いよいよ、ボルドーから南フランスまで一気に南下しました。




今回の目的の1つでもある、ヌーヴォー(新酒)になるぶどうの生育状態を確認するために、先ずは「ラ・グラーヴ」へ向かいました。




ヌーヴォーといれば、ボジョレ・ヌーヴォーを思い出しますが、当店は今から20年以上前から南フランスのヌーヴォーに取り組んでいます。




その魅力は、なんといっても果実味溢れるフレッシュな味わい!しかも、ボジョレー・ヌーヴォーのように空輸便ではなく、収穫が1ヶ月早いため船便で日本に届くことで、お手頃価格でヌーヴォー(新酒)が楽しめることです。

20170802_l03.jpg

早速、今年のぶどうの生育状態を聞いてみると、

「全体的に暑い日が多くてぶどうはよく育っているよ。このままいけば去年よりもっと濃縮感高いワインが出来そうだよ!」

と、私たちに自信満々にぶどう畑を見せてくれました。

20170802_l09.jpg

どちらもパンパンに実が膨れ上がり、一粒食べてみるとすでに甘さがたっぷりです。




ここからさらに15から20日で収穫に入るそうです。




昼間は暑いため、早朝に収穫することで適度な酸をぶどうに残すことことで、フレッシュ感を保ちながら、ギリギリまで収穫を待った完熟ぶどうを使用するので、ワインもフルーティーかつ旨みたっぷりです。

20170802_l02.jpg

当店とは15年以上の長いお付き合いのあるオロスケットさんが造る2017年のヌーヴォー、今から出来がとても楽しみです!
posted by ヴィーノ at 12:00| 日記

2017年08月05日

只今、フランスで買付中!

暑い日が続いていますが、皆さま元気に過ごしていらっしゃいますでしょうか?

実は、いま、ヴィノス買付隊は、フランスの蔵元を訪問しており
昨日は、ボジョレー地区の蔵元訪問をしました。
今日は、買付隊からフランスの声をお届けさせて頂きます。


フランス買付隊
1軒目は、当店とは10年以上共に歩み続けてきたドメーヌ・シャテルスです。毎年華やかな香りのボジョレー・ヌーヴォーが大人気の蔵元です。

ワインに対しては強いこだわりのある通称「頑固オヤジ」のパスカルさんですが、今回は非常に珍しくニッコリ笑って迎えてくれました!

1.jpg

今年は乾燥した気候で、今のところぶどうの出来は良いとのことでした。

収穫までの残り1カ月が今年の出来を決めるため、今のところ2017年の出来は分からないそうですが、パスカルさんのニッコリとした表情が1か月後のぶどうの出来を表しているように感じます。

2.jpg

フランスでは度重なる雹の影響でぶどうが収穫できなくなってしまった畑も多い中、パスカルさんの畑は奇跡的に被害が少なかったそうです。この後、しばらくは更に暑い日が続くとのことで、樽熟にも負けない力強いぶどうができそうで楽しみです。
 

次に訪問したのはペールギヨ、ボジョレーの中でも濃厚な味わいを表現するモルゴン村にある蔵元です。

3.jpg

その後はすぐにモルゴン村の中でも特級畑に値するグランクラへ移動しました。

4.jpg

ボジョレーヌーヴォーにグランクラのぶどうを使用するというだけでも驚きですが、ギヨさんのヌーヴォーは114歳の古木からとれたぶどうも混ぜているのも美味しさの秘密です。

ぶどうの樹は全て私達のひざ下の高さと非常に小さく、1本の木に対し1房のみしかぶどうがなっていないものもありました。
ぶどうは年をとればとるほど収穫量は減ってしまいますが、長い年月をかけて地中深くに伸びた根がたくさんの栄養を数少ないぶどうの実に送るため、複雑さと濃厚さのあるワインが出来上がります。

5.jpg

10月には、改めてヌーヴォー完成前の最新情報をお伝えします。
是非楽しみにお待ちください。
posted by ヴィーノ at 08:00| 日記